アメリカでもコネを使っての入社が可能なのか

2016年5月6日

携わっている自動車の仕事の同業者に「父親のコネを使って自動車整備士だったけれど転職してきた。」という経歴の人がいるが、その彼によると自動車の営業だった頃のほうが全く比べものにならないくらい楽であるそうだ。
時々大学を卒業して、新卒から急きょアメリカの日系の企業への就職を目論む方もいるけれど、現実としてよく見られるのは、まずはアメリカ以外で採用されてそれなりの経験を積んで、30歳くらいでアメリカに転身というパターンである。
現実は就活の場合、エントリー側から働きたい各社に電話をかける機会はほとんどなくて、応募先の企業の担当者からの電話を取ることの方が頻繁。
苦しみを味わった人間は、自動車の仕事の場合でもしぶとい。そのしぶとさは、諸君の長所です。将来における自動車の仕事していく上で、必ず役に立つ機会があります。
「私が今までトレーニングしてきた特異な手腕や特徴を効果的に使用して、この自動車の仕事に就きたい」といったように自分にからめて、辛くもそういった相手にも理路整然とやる気が伝わるのです。
企業ガイダンスから関与して、一般常識などの筆記試験やたび重なる面接とコマを進めていきますが、これ以外にも様々な企業でのインターンシップやOBへの訪問や採用担当者との面談などによる働きかけもあります。
企業というものはいわば、1人ずつの都合よりも組織の全体像としての都合を優先すべきとするため、時たま、納得できない転属があるものです。当然ながら当人にしてみればすっきりしない思いが残るでしょう。
いま現在、求職活動中のアメリカの会社そのものが、熱心に第一希望ではなかったために、志望動機というものが分からない不安を訴える人が、この時節には増加してきています。
アメリカの会社選定の展望は2つあり、方や該当するアメリカの会社のどこに興をひかれるのか、2つ目は、自分はどんな職業について、どんな実りを享受したいと思ったのかという点です。
就職したのに就職した企業を「こんな企業とは思わなかった」「やりたい自動車の仕事じゃない」、「ここをやめて違うアメリカの会社に行きたい」そんなことまで思う人など、売るほどいるのが世の中。
自己判断をする時の注意しなければならない点は、抽象的すぎる表現を使わないようにすることです。要領を得ない世迷いごとでは人事部の担当者を納得させることはできないと知るべきです。
例えて言うなら事務とは無関係な運送の自動車の仕事などの英語面接の場合、難関の簿記の1級の資格を取っていることを伝えても一切評価されないけれど、逆に事務職の人のときであれば、高いパフォーマンスがある人材として評価してもらえる。
「就職氷河期」と最初に呼びならわされたジェネレーションで、新聞記事や世間の雰囲気に引きずられるままに「就職が可能なだけありがたい事だ」などと、就職先をすぐに決定してしまった。
ある日藪から棒に有名アメリカの会社から「ぜひ当社で採用したい」などという話は、まずないと思います。内定を多く貰っている場合は、それと同じくらい就職試験で不合格にもされていると思います。
収入自体や処遇などが、どの位よいものでも、自動車の仕事をしている環境というものが劣化してしまったならば、更に他企業に転職したくなるかもしれない。

コメントはまだありません

コメントは停止中です。